中華街のお土産もらったよ☆レポート

  1.事の発端
  2.一夜明けて
  3.さらに一夜の後
  4.皆で食えば怖くない

EXIT  TOP


1.事の発端

中華街に行ってきた友人からお土産をもらいました♪
しかも3つも!
私を喜ばせるために一生懸命選んでくれたそうです☆
わぁい、うれしいな!!


清涼飲料水だと言い張っているシロモノ。
原材料:白キクラゲ ツバメの巣 水 砂糖
……えっ、材料それだけ!?


グラスゼリードリンクとかいうもの。
原材料:ハーブゼリ 澱粉 砂糖 はちみつ 水
ゼリ……?
でんぷんの存在が不穏です。
ドゥルッドゥルの質感だったらどうしよう。


巨星の如きインパクト、薄黒いカメゼリー。
怖くて原材料が確認できません。
チラッと見たらね?
何か漢方原料っぽい品名と苦味調味料と、亀粉って書いてあったよ?


どうしろとorz


対処に困りながらも土産を持ち帰った1月7日。
新年早々、わたくし大ピンチ。


2.一夜明けて

もらったお土産のうち1つを開封してみました。

  
うわ、水垢みてぇ。

何か浮いとる(汗) これが白キクラゲか?
見た目が水垢をたっぷり含んだ水そっくりで驚きました。
しかもちょっととろみがあります。そのせいか細かい泡がびっしりと漂っていますね。
たぶん、姿の見えないツバメの巣がこのとろみの正体でしょう。
ツバメの巣は固体で入っているわけではないのですね。

においをかいでみました。
くんくん……お、嗅いだことのあるにおい?
むかーーーーーーーし食べたことのある、パチもんみたいな安ーーーーい飴玉の匂いがします。
何のフレーバーもついていなくて、本体の周りがべったべたになってるやつ。
となると、これは砂糖の匂いなのかな?
恐る恐る少しだけすすってみると……。
む、これは。
甘いだけですがちょっと水臭い香りが鼻をつきます。さすがはただの砂糖水。
おいしくはないですけれど飲めますね。
うーん、いまいちにおいがよくないなあ。砂糖の匂いだけじゃないのか?
次に白キクラゲをすくい上げ、単独で食べてみました。
食感は寒天と似ています。薄く作った寒天が飴臭い水に浮いている感じかな?

さて、それでは残りをこくりと飲み干s うぐぉえっ!?


 ・
 ・
 ・


申し訳ございません。私、間違っておりました。
「おいしくはない」なんてレベルじゃありません。これは「不味い」よ?
口の中にがばっと入れた瞬間、においと甘さで胸の辺りが大変気持ち悪くなりました。
うわー、どうしよう。これ全然おいしくない。飲み込めない。
中華スイーツってこんなもんですか? 本当に? 私、中華スイーツが口に合わない人なのかしら?
困りました。
水部分はとにかく薄甘い。そしてパチもんの飴くさい。
気合でもう一口いきましたが本気で気持ちが悪くなってきました。吐きそうです。
でも飲む。
ごっごっごっ(嚥下音)、ごっごっゴフッ(吐音)

ごめん、これは無理だ。

おいしくないよぅ。
吐き気が止まらなくてどうにかなりそうだよぅ。
白キクラゲの喉越しもあまりよくはないし。
途中でどうしても飲み込めなくなり捨ててしまいました。せっかく買って来てくれたのに、ごめん。
残り2つも一気に試すつもりでしたが、心が複雑骨折したのでまた後で。


3.さらに一夜の後

残る2つのうち、「仙草蜜」と書かれたドリンクを開けることにしました。
カメゼリーを最後にした理由は他でもありません。
独りぼっちで亀粉を摂取するのが嫌だからです。
カメゼリーの味は意外と大丈夫みたいですよ?
噂を総合して考えると苦味のあるゼリーで、コーヒーゼリー的な食べ物なのかな、と。
さて。
本題に入りましょう。
今回は「仙草蜜」というハーブゼリードリンクです。
原材料を見る限り、味はただ甘味とハーブっぽさだけかな、と。
さあ、レッツ開封。

   黒いな。

ちょっとビックリ。
まさかこんなに黒いものが出てくるとは思いませんでした。
原材料は「ハーブゼリ 澱粉 砂糖 はちみつ 水」なのですが……。
これは「ハーブゼリ」からにじみ出た色なのか?
さて、飲む前にその香りについて。
これはもう、注いだ瞬間からとってもいい香り!
何とも甘くて香ばしい。
カラメル+中国茶のような香りです。
黒すぎてゼリーがよく見えないのが残念。
さて、味の方は?
こくりと一口。

甘っ。

甘いなー。
口の前の方というか、浅いところに強い甘味を感じます。
ほんわりと全体に広まる甘味ではなく、触れた部分の表面だけにビリッと来る甘味。
基本的には不味いわけではない味付けなのにこのキッツイ甘さは残念。
さあ、思っていたよりずっと飲めるドリンクに気をよくしました。
ごくごくっと行きましょう!
がぶりと大きく一口含んd

甘っっっ!!!

がぶっと口に含んだ瞬間、静かに悶絶。
そのまま飲み込みましたが一瞬にして強烈な胸焼けに襲われました。
くっ……、ちょっとおいしいかもしれないなどと思った私が馬鹿だった……!
先ほど口の中を襲った浅くてキツイ甘味がアグレッシブに迫ってきました。
あとちょっと漢方くさい。
お茶のいい香りだと思っていたにおいがちょっと濃くなりすぎています。
とにかく甘っ!
甘味がきつすぎます。
実はこのお土産を受け取った当日、同じく中華街土産のタピオカミルクティーを飲んだのですが。
これも強烈な甘味で少し苦戦しました。
まったく同じ感じの甘味です。浅くて派手でインパクトが強い。
中国の方々はこういった甘味がお好みなのでしょうか?
中華人民とはそれほどまでに「甘味に関して容赦のない」一族なのか?
うう、猛烈に薄めたい。
これをこのまま飲むことは甘さ控えめが好きな私にとってはけっこうな苦行です。
でもみっちりグラスに注ぎまくっちゃったから水を入れる余裕がないよ!
しかたがないので耐えてもう数口飲み、空いたスペースに水を入れてみました。
……うん、これなら大丈夫。
まあまあおいしくなりました。

底に残ったゼリーをお皿に移して激写。
角ばった小粒のゼリーがたくさん入っていました。
ゼリーだけを食べてみると、意外や意外、こちらはほとんど甘くありません。
ちょっと固めのお茶ゼリーという感じ。
このゼリーがメインの食べ物だった方がよかったのかもしれません。
そう、そこにジュース部分がシロップとしてかけられていたら!
きっと味もちょうどよかったに違いない。
もしそうだったら、さぞかしおいしかったことでしょう。なんて惜しいドリンクなんだ。
とにかく無事に完飲。ごちそうさまでした。


4.皆で食えば怖くない

最後に残ったカメゼリー。
味は大丈夫だという話を聞きました。
でも、なぜか抵抗感がぬぐえない。
同じ亀状のものを食べるにしても、すっぽん鍋ならおいしそうだと思えます。
なぜ亀をゼリーに入れた?
腹の皮だか何だか知りませんがイメージ的にグロい。

これですよ。
さあ、心を奮い立たせましょう。いざや挑まん!

今回の試食には友人を巻き込むことにまんまと成功。
お土産を買って来てくれた張本人と、食べてみたいというもう1人を加えた三人体制です。
なんと買って来てくれた友人が口直しを用意してくれていました!

 その1     その2

精神的に逃げ場なし
ねずみ男汁は嫌な語感ですね、すごく不潔で酸っぱ臭そう。
目玉のおやじ汁は薄塩味っぽい。イメージ的に。
実際はどちらも柑橘系の爽やかなジュースです。味はおいしいのに。
ボンゴレ缶詰は例のごとくこんにゃく麺です。しらたきです。

さて。
いよいよカメゼリーを開封します。
ここでハプニング発生。
ちょっぴり開けたとたん、中身からシロップ(?)が飛び出しました。
友人宅の床を汚す亀汁(笑)
ついでに開けた友人本人のジーンズにも甘い香りの黒茶色の汁が!
ちょっとした惨事です。
そんな波乱を抱えつつ、カメゼリーに挑みましょう。さあ、勇気を出して。

 逝くか。

まずは皆で一口ずつ味見。
1人は「好き、食べれる」と言いました。
もう1人は「まずい」と言いました。
そして最後の1人の感想は「苦いというより変な酸味が気になる、そして仙草の匂い」です。
どれが私の感想かは推して知るべし。
カメゼリーは、食べられないことはないけれど決しておいしくはない感じでした。
食べた瞬間は甘い。
甘くて仙草の味がしました。原材料に仙草が入っていましたので当然ですが。
そして後からじわじわ酸っぱい。
不快。
私はあまり苦味を感じませんでしたが、他の二人は感じていたようです。
苦味+酸味ですから、まさにコーヒーと同じような味覚を感じさせようとしているのかも。
コーヒー用クリームと砂糖で食べることもあるという話に深く納得したのでした。

 黙々と処理中。

好きだと言った1人が半分近く食べましたが、それでも途中でギブアップ。
結局は私が一番多く食べていた気がします。
妖怪汁が立派な逃げ場となってくれました。
最終的には「カメゼリーをガッツリ口に含んで妖怪汁で 流し込む」というカオスな状況に。
妖怪汁は、柚子の香りが嬉しいすっきり柚子はちみつ味と、甘くておいしい夏みかん&はっさく味でした。

以上、レポートを終わります。
おそまつ。

EXIT  TOP

inserted by FC2 system