■ ZOO

この街には獣が住んでいる。狼のような残忍さで人を殺す者、カラスのように死者に集まる者。ハイエナは骨も残さない。美しい毒蛇は色香をも武器にする。

おとなしい動物たちも暮らしている。仔猫ちゃんはウサギちゃんと表通りを歩き、野良犬のような若者は裏通り。ときには仔ネズミのような子どもたちが、道をちょろちょろと走って危なっかしい。

エリートコースを歩いた有能なる猿たちは、ボス猿の下で今日も働く。美しい声の小鳥たちは羽を広げ、TVの中で人気を競う。

平和しか知らない表通りの連中は、飼いならされた動物ばかり? いやいや、まぎれこんだ奴らは今日も舌なめずりだ。間抜けな顔のくせにしたたかな狸は、いつだってうまくやっている。悪い狐は紳士の顔で、誰をだまそうかと今日も隙をうかがう。

昼と夜、表と裏。それぞれを生きる様々な獣。しかし、その誰もが皆、都市の色に染まった者ばかりだ。生粋の野生の獣は、もはや希少価値。野獣と呼ばれる者たちすら、群れ、誰かに飼われて生きている。檻の中で。居心地の良い犬小屋の中で。時には保護区のような、他とは隔絶した場所で日々を生きる。

ここは動物園だ。勇猛な獣も、愛らしい小動物も、貴重な珍種も、みーんな勢ぞろいした都市。愉快で、汚くて、たまらなく魅力的な、人間たちの動物園だ。

ところが、この街で生まれ育ちながらいまだに染まらない者がいる。彼は、青年と少年の間にあたる微妙な年頃の若者だ。仲間内では一番の年下で通っている。

彼は、かつて表通りで生まれた。ある日、両親が死んだ。都会によくある、交通事故というやつだった。突っ込んできたのは居眠り運転の大型車だそうだ。現場は見ていない。元気な母さんと優しい父さんは、二人並んで仲良く逝った。昔むかし、買い物から帰る途中の出来事だ。

それ以来、裏通りにすむ叔父一家に引き取られて生きている。叔父とは仲がいいが、叔母やいとこたちとはどうもうまく馴染めなかった。だから、家にはすっかり寄りつかなくなっている。ごくたまに叔父と会うだけだ。普段は道端で寝起きする。特に、不自由はない。

テンポが合わない、とでも言おうか。どうも彼は、周りから一歩、いや、十歩か二十歩ほどずれているらしい。

「天然記念物並みの天然ボケ」

仲のいい、赤毛の青年から送られた言葉だ。もう一人の仲良しである金髪の青年が言うには、めちゃくちゃぴったり、らしい。どうも自分はテンポというか…考えるタイミングがおかしいようだ、と彼は思う。ずれを実感することなどなさそうに見えて、実は、意外と気づいているわけだ。

彼はときどき思うのだった。自分の考えは遅すぎることが多いし、ときには遥か先に飛びすぎるなぁ、と。確かに天然ボケかもしれないなぁと納得している。別に、不自由はない。しかし、彼自身、よそ者めいた気持ちになることもあった。

表通り生まれだが、少しもそう見えないのは裏通りに馴染んだからだろう。だが彼の眼は、裏通りの住民たちとはどこか異なる。裏通りに住んで長い。なのに、なぜ裏通りの住民と同じ眼にならないのか?

それだけではない。彼にからは、今や誰の身体にも染み付いているはずの臭いが少しもしない。裏通りだろうと表通りだろうと、この街の者なら誰もが持つ都市の臭い。生粋の都会っ子。なのに、なぜ都市の臭いが染みつかないのか?

ぽわぽわ、と。彼はいつもぼんやりして見える。だけれど、実は誰よりもクールに現実を見ているところがある。根拠のない予感のようなものを敏感に感じることもある。不思議な、不思議な動物。この都会という動物園のどこを探しても、彼に当てはまる名前の札は立っていない。



今日も朝からいい天気だった。裏通りの薄汚れた道を気持ちのよい風が通っていく。砂埃っぽい地面の臭いと、どこかでじめじめ腐っていくゴミの臭い。そして、たくさんの人間の臭いが混ざり合って、風と一緒に抜けていく。不思議な動物は、今日もふわふわと歩いていた。特に、当てもなく。

まぶしいなあ。太陽だなあ。

空を見上げれば、ひび割れて黒ずんだ壁の向こうに青空がある。突き抜けるように高い空が。

あ、変な人がいるなあ。

ふと目を止めたのは、ごく当たり前の人間だった。裏通りにはいくらでもいそうなタイプの、年取った浮浪者だ。汚いぼろきれを体中に巻きつけていて、道端で小さく座っている。しわくちゃの顔の中で、唯一、瞳だけがキラキラと光を保っていた。

しょぼしょぼのまぶたの奥から、道行く人を眺める老人。もう爺さんか婆さんかすらもわからない。若者は足を止めて、その老人をじっと見た。

「こら」

突然、老人がしわがれた声を出した。

「あっち行け!」

あれぇ、と思った。この辺りのおじいちゃんおばあちゃんは、こんなことは言わない。彼らが口にするのは、何か恵んでくれ、いい天気だなどの言葉くらいだ。でなければ、無言でいる。ただそれだけ。

やっぱり変な人だなぁ。

ますます妙な気持ちになったから、若者はその場を動かなかった。やっぱり変な人だぞと思いながら老人を見つめる。数分も経っただろうか。老人の目つきがいよいよとげとげしくなった頃だった。

うん?

なんとなく後ろが気になって振り向いてみる。すると、見覚えのある男がてくてく歩いているところだった。

「こーんにーちわぁー!!」

少し離れたところにいる男に、大きな声をあげて挨拶をする。男も気がついて、にこにこと若者の方にやってきた。若者の背後では、老人が近づく男の顔に疑わしそうな視線を投げる。

「こんにちは。よく俺の顔を覚えててくれたね」

どこかうれしそうに、眼鏡をかけた男が話しかけてきた。若者もにこやかにおじぎを返す。この前、仲間と三人でいるときに襲ってきた男だった。

赤毛の兄や金髪の青年の話では、この男は表通りの住民らしい。買い物でもしていたのか、腕に紙袋を抱えている。表通りの人間がこんな所に来てまで、買うものなどあるのだろうか。若者は、ちょいと首をかしげて言った。

「武っ、じゃなくて、道具の仕入れスか?」

眼鏡の男は細い目をさらに細くして微笑んだ。顔はにこにこしたまま、ちらりと紙袋の中を見せてよこす。これは穏やかではない。バラしてあるが銃らしいパーツ、弾薬、何かわからないが嫌な感じがする箱……。

「鋭いね、当たり」

どうやら、裏のお仕事に使う物の仕入れだったようだ。

「よく声かける気になったなあ。警戒しないの?」

眼鏡の男は感心した様子だ。今日は前に会ったときと違って、こちらを傷つける意志は感じられなかった。

うん、大丈夫。この人は平気。

根拠のない直感で自分の敵ではないと決めつける。眼鏡の男は、ふにゃんと笑う若者の様子を面白そうに眺めていた。

ふと、男の視線が若者の後ろに流れる。人畜無害なふりをして実は鋭い牙を隠し持つ、この男は犬に化けた狼。容赦のない殺し屋の眼が浮浪者風の老人に突き刺さる。老人は落ち着かない様子で立ち上がり、どこかへ消えて行った。

男の視線が若者に戻る。若者はその間ずっと、男の眼鏡の奥をなんとなーく眺めていた。そして突然、きゅっと男の袖口をつかむ。つかまれた方にしてみれば、まったく予想外の出来事だ。当然、眼鏡の男は思いっきり驚いて飛び上がった。

「ど、どうした?」

あわてて問う眼鏡の男に、何かを伝えなければと思う。

でも、何を言えばいいんだっけ?

自分自身の行動に少しだけとまどいながら、若者はモゴモゴと口を開いた。

「今そこに、」

変な人が、と後ろを向いて、ようやくさっきの老人がいないことに気づいた。あれぇと頭をかく若者の肩を叩いて、眼鏡の男はくすくす笑っている。

「そこに座ってた人なら、たった今どっか行ったよ」

まだ納得できずにいる若者に、眼鏡の男は優しい声で告げた。


NEXT / EXIT  TOP

inserted by FC2 system