草の上で寝転んで流れ行く雲を見て
今日もいつもこの場所であの風を待っている
葉風が揺らす緑の跡は丘に広がる銀の波
鼻先ぬらす露の匂いに朝に気づいた僕がいる

風知り草凪ぐ丘で口笛を吹きながら
今日もいつもこの場所であの風と戯れて
夢の音色はどこまで届く 女神の羽にさらわれて
耳の先まで秘色(ひそく)に染めて風の便りを聞いている

*

風の中で

声を聞いたよ

透き通る歌声を



それはシルフィードの歌さ

彼女は今日も丘を行く

柔らかい光の粒を踏みながら

*


草の上に寝転んで流れ行く雲を見て
今日もいつもこの場所であの風と戯れて
午後の日差しにまどろむように過ごした時の柔らかさ
駈けゆくような季節の中でぽつりと咲いた白い花

風知り草凪ぐ丘で口笛を吹きながら
今日もいつもこの場所であの風を待っている
遠い未来に出会うのだろう 甘い記憶に残る歌
いつまでここで待っていようかな 風の女神が踊るまで


風知り草 なびく頃 口笛は風の中
沈む夕日のため息は "今日もまた日が暮れる"

風知り草 なびく頃 口笛は風の中
遠い空がささやいた "明日もまた日は昇る"


EXIT  TOP

inserted by FC2 system