Amusement park

話は二日前にさかのぼる。その日、二人は共同で一つの仕事を引き受けた。いや、サクヤの立場からすれば、引き受けさせられた、と言った方がいいだろう。

「今日はちょっと仕事の話ー」

突然訪ねてきた友人は、サクヤの部屋に入るなり、そう言った。 この友人の呼び名はキッドという。 正確にはブローニング・キッド。 呼び名の由来はブローニング・ベビーというピストルの名前だそうだ。 そのピストルと関係があるのかは知らないが、どうやら最近、危険な仕事をしているらしい。

「仕事って……、僕には関係ない話だろ?」

いぶかしげにサクヤが問うと、キッドは「んーん」と首を横に振った。

「サクヤってwebとかくわしいじゃん。ハッキング、得意だろ?」

キッドの言葉にサクヤがうなずく。 するとキッドは、何か建物が写った写真とURLが書かれたメモを取り出した。

「実はココのセキュリティシステムをバグらせて欲しいんだけど」

言いながら、写真とメモをサクヤに手渡す。

「バグって……。僕はハッカー(高度な技術者)だけどクラッカー(破壊者)じゃないのに」

文句を言いながら写真を手に取ったサクヤは、危うく後ろにひっくり返るところだった。

写っていたのはとある研究施設。 よりにもよって、厳重な守りで有名な場所ではないか。 実際の出入りはもちろん、web上の守りも鉄壁との噂だ。 世界中のクラッカーから攻略不可能とすら言われている“城”である。

当然、無理だ無茶だと抵抗はした。 にも関わらず、キッドは「じゃ、頼んだから」の一言を残して去って行ったのだ。 知ったことかと無視していたつもりだったに、二日後である今朝、キッドはサクヤを迎えに現れた。

「依頼者と会うぞー。早く行こー」

何のことだと怒鳴る暇さえもなく、引っ張り出されてしまった。 すでに二人の仕事として受けていたことがわかったのは、待ち合わせ場所へ向かう特急列車の中。 サクヤはまだ、詳しい仕事の内容すら知らない。



時は戻って、今現在。

場所は某大型アミューズメントパーク −すなわち巨大な遊園地− に移る。

「なぁ、やっぱりバレるんじゃないか?」

前髪の長い少年が、隣りの友人をつついた。

「大丈夫でしょ、10クラスもあったら全員の顔なんてわかんねって」

隣りの少年はケータイをいじりながら、ひそひそと答える。

「それはそうだけど」

最初の少年は落ち着かない様子でちょんと眉間に触れた。 まるで、メガネを上げるような仕草。 この二人、よくよく見ればどこかで見た顔だ。 サクヤとキッドである。

二人は並んでベンチに座っていた。 そろってブレザータイプの制服を着用。 二人の身を包んでいるのは二人が住む地域にある進学校の制服だ。 おそらく変装のつもりだろう。だって二人は学生ですらないのだから。

制服のみならず、二人の姿にはちょっとだけ普段とは違う点があった。 キッドは髪の色だ。 普段の色ならアッシュグレイ。それで制服ではかえって目立つ。 というわけで、今日は黒に近い茶色の髪をさらさらと風になびかせている。 サクヤの方は即席だ。 普段かけているメガネをはずしている。ただ、それだけ。

「そろそろ時間なんだけどな」

ケータイから目を離し、キッドが周りを見回す。

「本当に来るんだろうな」

サクヤが小声で言った。

「たぶん」

キッドがうなずく。

この遊園地が依頼者との待ち合わせ場所。 広い遊園地は二人と同じ制服姿の男女であふれている。 どうやら二人は、中学か高校の修学旅行ご一行様に紛れ込んでいるらしい。

「やっぱバレないか? 教師は意外と覚えてると思うよ、ウチの両親そうだから」

心配げに辺りを見回して、サクヤが眉をひそめる。 キッドはさっと髪をかき上げた。

「大丈夫じゃないの? 自由行動の間だけだし。 だいたい一人で全クラス教えてるわけじゃねーじゃん。こんだけいたら」

こんだけ、と言いながら、辺りをさっと見回す。 あたり一面、わらわらわらとそこいら中に散らばる生徒。 パッと見ただけではどれだけいるのか見当もつかない。

「確かに、ね」

サクヤもうなずく。

それから。

「何でわざわざ、こんなところで待ち合わせなんだ?」

ふと気になって問いかけてみると、キッドは意外なことを言い出した。

「俺がココにしてくれって頼んだから」

そんなことは一言も聞いていない。 サクヤは、困ると怒るの中間に陥ったときのクセで、強くこめかみを押さえた。

「何で何も教えてくれないんだ。……まぁいいよ。なぜここに?」

サクヤの不機嫌を横目に見てか、キッドはひょいと肩をすくめている。

「見てのとおり。向こうが日にち指定してきたから、ここが目立たないかと思ってさ」

キッドの言うことは一理ある。 人を隠すなら人の中。 特に彼らの年頃ならば制服を着てしまえば学生にしか見えない。 誰もが同じ服を着て、同じ年頃。 群れの中にまぎれ込んだなら、制服は、森の中の迷彩服のように彼らを隠してくれる。

「どうして、ここが学生だらけだって知ってるんだ?」
「ユキ」

サクヤの疑問をたったの二文字で片付け、キッドはケータイをパタンと閉じた。

サクヤはちょっと首を傾げたい気持ちになる。 ユキとは人名だろうか。 聞き覚えのない名前だな、と思う。どこかで聞いたようにも思う。 はて、誰だったろうか。

「ユキって誰だっけ?」

サクヤが聞くと、キッドはフルネームを口にした。

「園田由紀」

サクヤは、ああ、とうなずく。

「園田さんか。まだつきあってんの?」

園田と聞いて思い出したのは一人の少女。色白でパッチリした瞳の女の子だ。

「当ー然。ラブラブよ〜ん♪」

答えてキッドはニッと笑う。 ユキとはキッドの彼女の名前。 何のことはない。恋人から聞いた学校行事の予定を利用したということだ。

「なるほどね。それでこんな遠いとこまで引っ張ってこられたのか、僕は」

いろんなことがどうでもよくなってきて、サクヤはあきらめの表情。 その隣りではキッドが待ちくたびれた様子で伸びをする。 平和な平和な遊園地。 少しだけ退屈な、人待ちの時間。

「僕の技術でいけるのかな」

誰に話しかけるでもなく、サクヤがつぶやく。

正直、自信がない。 難攻不落と呼ばれる場所に侵入し、内部を崩すことなどできるのだろうか?  そんな思いが胸の内でうずまいていた。

「お前ができなきゃ誰でも無理」

絶妙なタイミングの一言がサクヤの弱気を吹き飛ばす。 キッドの言葉が表すのは何だろう。 お世辞? 叱咤? 激励?  たぶんどれでもない。あえて言うなら、信頼だろうか。

「ふっ……。まぁね」

単純に気をよくして、サクヤはまたメガネを上げる仕草。

「喜んでるとこ悪いけど、依頼者発見」

キッドの一言で現実に引き戻される。 せっかくいい気分だったのに。よい時間は長く続かないらしい。


NEXT / EXIT  TOP



inserted by FC2 system