The photograph

物がないくせに雑然とした部屋。 片づかない室内は暖かく、曇り空の薄ら寒い外とは対照的だ。

部屋の中には男が二人。 一人は少年だ。 アッシュグレイの髪が目立つ少年の通称はキッド。 光の強い瞳が勝気なイメージを放っている。 もう一人は三十歳前後だろうか。 名を圭介という。 無精ひげに伸びた髪、お世辞にもクールとは言えないルーズな印象の男だ。

小さな窓の向こうには灰色の街が見える。 曇り空の下、アスファルトの道端にはひまそうな電信柱。 ブロック塀の奥では古ぼけた家々が汚れた壁をさらす。

二人は部屋の真ん中に置かれた低いテーブルに向かっていた。 テーブルの上にはモバイルパソコンと一枚の写真がある。 パソコンの画面には地図のようなものと、なぜか自動車の立体モデルが映し出されていた。

「これだけー?」

キッドが不満げな声とともに写真をつまみ上げる。

「『これだけ』って……。お前ね、『こんなに』の間・違・い!」

圭介はキッドの額をコツンと叩いた。 痛、と小さくもらして、キッドは舌打ちを打つ。

「一番大事なことがまだなんてさー、頼りがいねぇー」

キッドのつぶやきが終わらぬうちに圭介が動いた。

「何をぉ? この凄腕を捕まえて何てこと言ってんだ、この」

もう一度、額をコツン。

「お前は本っ当に失礼なガキだよな〜。俺はね、情報業界じゃNo.1よ?」

ボサボサの頭をかきながら圭介が言う。 親指を立てて自分を指すポーズ。 そんな圭介をキッドが笑い飛ばす。

「なぁにー、ガキになめられてムカツクとか思ってるわけ?」

言われた方はため息を一つ。

「そういうのじゃなくて。ナメル・ナメナイなんてどうでもいいんだけどさ。 なんて言うかなぁ、結構助けたり面倒見てやってんじゃない、俺?」

答えるようにペロッと舌を出すキッド。

「はいはーい、お世話になってまーす♪」

圭介が何か言おうとしたとたん、キッドはさっと立ち上がる。 そのまま軽やかに部屋を出て行く背中。 見送って、圭介はまた一つため息をついた。

「もうちょっと大事にしてくれたってさぁ、いいんじゃないの?」

そんな愚痴をつぶやきながら。


NEXT / EXIT  TOP



inserted by FC2 system